医療法人 聖療会 青木優美クリニック公式サイト

点滴療法
/ Drip
DRIP
HOME >  生活習慣病 >  点滴療法

高濃度ビタミンC点滴療法について

2005年に米国の国立健康研究所、国立がん研究所、国立食品医薬品局の科学者たちは「高濃度のビタミンCはがん細胞に対して選択的に攻撃し、がん細胞を死滅させる」という共同論文をアメリカ科学アカデミー紀要誌に発表しました。これを契機に、米国の大学病院を中心に高濃度ビタミンC点滴療法ががんの補助療法として研究と普及が始まり、日本でも2007年から徐々にがん治療の選択肢として導入されるようになりました。

青木優美クリニックの高濃度ビタミンC点滴療法について
ビタミンCは自分が酸化されることで強力な抗酸化作用を発揮しますが、その際に大量の過酸化水素が発生します。血中に投与された時、正常な細胞は過酸化水素を中和できますが、がん細胞はこれを中和できず死んでしまうというのです。つまり、高濃度のビタミンCはガン細胞にとって《抗がん剤》でもあるわけです。この作用は、ウィルス感染症治療に対しても役立つと発表しています。
また、高濃度ビタミンC点滴療法が、がんの患者様の痛み、倦怠感、食欲低下、不眠などの症状を改善し、QOL(生活の質)を維持することが、多くの論文で発表され、単独あるいは他の治療との併用でがんの進行の停止や腫瘍の縮小例の報告もあります。何よりも高濃度ビタミンC点滴療法では化学療法のような辛い副作用が殆どないのが利点です。
現在、がん手術後の再発防止、がんの新たな補助療法として、米国・国立癌研究所(NCI)、米国・国立衛生研究所(NIH)において研究が進められている、最先端のがん治療法です。

血中濃度とがん細胞生存率の関係

青木優美クリニックの高濃度ビタミンC点滴療法について血中濃度とがん細胞生存率の関係
ビタミンCの血中濃度が高いほどがん細胞の生存率が低くなる(がん細胞が死んでしまう)。

治療がおすすめな病状

米国では次のガンへの治療効果が報告されています。
  • 乳がん
  • 前立腺ガン
  • 胃ガン
  • 大腸ガン
  • 直腸ガン
  • 肺ガン
  • 悪性リンパ腫
  • すい臓ガン
  • 子宮ガン
  • 卵巣ガン
  • 膀胱ガン
  • 肝臓ガン
  • 多発性骨髄腫
そのほかは
  • 有効な治療法がないガン
  • 現在抗ガン剤や放射線治療をしている
  • 抗ガン剤や放射線治療の副作用を和らげたい
  • 再発が心配な方、転移予防など

注意事項

G6PD欠損症という赤血球膜の遺伝性酵素異常がある方は治療を受けることができません。当クリニックは、25g~50g以上のビタミンC点滴を行う前に必ずG6PDの検査を実施しています。また、腎不全で透析中の方はこの治療を受けることはできません。心不全、大量の腹水、強い浮腫のある方は、点滴で水分を血管内に入れることで病状の悪化を来す恐れがあるため、この治療ができない場合があります。

副作用

◯ まれな腫瘍からの出血:化学療法でも見られる副作用です。
◯ みせかけの高血糖:点滴終了後の数時間は、簡易血糖測定器で測る血糖値が実際の血糖値より高値になります。
 インシュリン治療中の糖尿病患者様は主治医と相談し、インシュリンの量を調整してください。

マイヤーズ点滴について

米国メリーランド州のジョン・マイヤーズ医師は、30年以上にわたって、風邪や喘息、慢性疲労などを栄養点滴で治療することで有名でしたが、1984年にマイヤーズ医師の死去後、一度は途絶えてしまった治療法でした。2002年に米国ホリスティック医学会会長のアラン・ゲイビー医師によって再現され、現在では全米で統合医療クリニックの標準治療となりました。
マイヤーズ・カクテルは、人間のからだに必要とされるビタミンやミネラルなどの栄養素を、血管から直接入れる治療法です。点滴には一般的に、ビタミンB群・ビタミンC・マグネシウム・カルシウムなどを入れます。

適応疾患

非常にたくさんの病気に効果が期待されています。



  • 気管支喘息
  • 偏頭痛発作
  • 全身倦怠・疲労
  • 慢性疲労症候群
  • 線維筋痛症
  • こむら返り
  • 急性上気道炎
  • 慢性副鼻腔炎
  • アレルギー性鼻炎
  • 慢性蕁麻疹
  • 甲状腺機能亢進症
  • 心不全
  • 狭心症
  • 生理不順
  • 更年期症状
  • 不眠
  • うつ症状
  • 歯周病
  • 耳鳴り
  • 花粉症
  • インフルエンザ
  • 風邪
など

マイヤーズ・カクテル点滴療法

マイヤーズカクテル療法とは、人間の体の中に存在する栄養素であるビタミンやミネラルだけを点滴する療法で、気管支喘息、偏頭痛発作、慢性疲労症候群、線維筋痛症などさまざまな疾病に有効とされている療法です。
もともと人間の体の中に存在する栄養素である、ビタミンとミネラルの点滴療法です。副作用は殆どない安全な点滴療法といえます。

マイヤーズ・カクテルの名前の由来

 メリーランド州ボルティモアで開業しているジョン・マイヤーズ医師から名付けられました。
 マイヤーズ医師は30年以上にわたり、喘息、慢性疲労、うつ病などの患者をビタミンやミネラルの点滴で治療することで有名で、たくさんの患者さんが訪れていました。
 マイヤーズ先生亡き後はアラン・ガビー先生がこの点滴療法を受け継ぎました。ガビー先生はこの点滴処方をマイヤーズ・カクテルと名付け、1,000人の患者に15,000件の点滴療法を実施したのです。ガビー先生はこれまでに20以上の学会で数千人の医師に教育講演をし、今や全米で10,000人以上の医師がマイヤーズカクテルを治療に取り入れています。

マイヤーズ・カクテルで点滴するビタミンやミネラルの内容

ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB3
ビタミンB5
ビタミンB6
ビタミンB12
ビタミンC
グルタチオン
マグネシウムなど

▲PAGE TOP