医療法人 聖療会 青木優美クリニック公式サイト

検査について
/ Examination
EXAMINATION
HOME >  検査について
 

CTC/遺伝子解析 検査

血液中を流れるがん細胞を検査します。がんが増殖しはじめると、がん細胞は血管に入り、体内をめぐります。
この血液中のがん細胞を「CTC」といいます。
CTC検査とは血管の中を動き回っているがんの種やがん細胞の死骸を発見することができる検査になります。

  • ○ 手術後、CT検査などで転移はみられないが、再発予防の治療計画を立てるための指標にしたい
  • ○ 転移や再発の可能性をより早期に発見したい
  • ○ 化学療法の治療効果を早期に判定したい
ONCOCOUNT検査
(オンコカウント検査)
治療後のCTCの血算・施術のフォロー。循環腫瘍細胞の存在の有無と、その濃度についてのみ情報を提供。
再発を早期に検出し、治療が効果を出しているか検査しフォローアップのために用いるもの。
※検査結果は、クリニックからの発送後、約2~3週間後に報告されます。
検査費用:162,000円
ONCOTRACE検査
(オンコトレース検査)
血中循環細胞の分離と同定、その濃度についての報告。さらに、循環幹細胞(CSC)のマーカーを含むので、単なる数値だけではなく、幹細胞化しているがんの危険度も検査できる。 ※検査結果は、クリニックからの発送後、約2~3週間後に報告されます。

 

検査費用:216,000円
ONCONOMICS+
(オンコノミックス プラス)
血中循環腫瘍細胞の分離と同定、がん遺伝子の発現の検査および抗がん剤、ホルモン療法、モノクローン抗体、天然栄養成分への感受性検査。
※検査結果は、クリニックからの発送後、約3~4週間後に報告されます。
細胞の培養、最低6日間の殺傷検査があるので、多少時間がかかります。
検査費用:594,000円
がん潜伏期間は、約10年〜

最新の画像検査(PET・CT・MRI)で発見されるがんの大きさは、約5mm以上です。
この大きさになるまで、がんは10年も潜伏しています。そして早期から末期に達するまでは2〜3年と短い期間で増殖します。
CTC検査では、大きさ5mm以下のがんの存在を細胞レベルで検出できるので、画像検査では見つけられない微細がん(超早期がん)の有無を知ることができます。
がんの早期発見、がん治療後に定期的に検査することで、再発・転移の経過観察が可能になります。
自分のガン細胞を培養し特性を調べます

血液中から採取されたガン細胞をラボ内で培養し、薬剤や自然物質、抗がん剤やその他のガン治療に対しての効果を検査します。
検査結果は個数で分かります。

0個・・・ がん罹患や転移の心配は少ないと言えますが、「がんではない」「転移していない」ということではなく、継続してがん検診の必要があります。
1個・・・ がん細胞が身体のどこかに存在しています。肉眼で見えない小さながんがいます。画像診断で早期がんと診断されても、すでにガン細胞は飛散していることを意味します。
2個・・・ 転移が間違いなくどこかにあることを意味します。
5個・・・ がんの進行が進んでいる状態になります。
0個・・・ がん罹患や転移の心配は少ないと言えますが、「がんではない」「転移していない」ということではなく、継続してがん検診の必要があります。
1個・・・ がん細胞が身体のどこかに存在しています。肉眼で見えない小さながんがいます。画像診断で早期がんと診断されても、すでにガン細胞は飛散していることを意味します。
2個・・・ 転移が間違いなくどこかにあることを意味します。
5個・・・ がんの進行が進んでいる状態になります。
青木優美クリニック転移性がん患者における血液中のCTCの検出頻度

転移性がん患者における血液中のCTCの検出頻度

このようにCTC(血中循環腫瘍細胞)は転移がんの全てにおいて検出されるわけではありません。 CTなどの画像検査や腫瘍マーカーの検査、そしてCTC検査の結果も加えて、総合的に再発・転移を診断することが大切です。
CTC検査でがん細胞が0個でも、再発・転移の可能性がないということではありません。定期的な検査をおすすめします。

CTC検査:抗がん剤 感受性結果(見本)

この表は、代表的なアルキル化剤と言われる抗がん剤が、CTCとCSC細胞に投与された効果判定の結果です。シスプラチン、カルボプラチンなど典型的な抗がん剤を22種類使用しています。
表の上部に80%の線があり、米国ダラス市 ハモン医師によると、欧米の専門クリニックでは、80%を超えない薬は、使用を控えるとのことです。 検査では、他の種類の抗がん剤も検証されます
青木優美クリニック抗がん剤 感受性結果(見本)

抵抗性の要因(各マーカーの説明)

  1. MDR1:50%の、抗がん剤への抵抗性が出ている。
    ・栄養素Super Artemisinineがこの発現を落とす。これにより抵抗性を30~35%に落とせる可能性がある。
    ・この他、クルクミン、パナックス人参、ポーポーなど、抗がん剤より天然成分のほうが良い効果の出る可能性もある。
  2. MRP:ニューヨークのDR.ゴンザレスは、これの低減に大量のプロレオティック酵素を使用。酵素は良い効果をもたらす場合がある。
  3. GST(グルタチオントランフェラーゼ):15%発現しているため、15%早く抗がん剤を解毒してしまう。
 

PET-CT検査

5mm程度の小さながん細胞を早期で見つけることが可能です。
PET-CTはPETとCTが一体となった装置であり、PETから得られる機能・代謝情報にCTからの形態・位置情報が加わることで、PET単独の装置と比べて格段に病変の診断能が向上します。また、多検出器CT、電子内視鏡なども導入しています。
検査費用:118,800円
 

プロテオ検査

対象となるのは、膵がん、肺がん、乳がん、胃がん、肝がん、大腸がん、舌がん、甲状腺がん、腎臓がん、前立腺がん、子宮がん、卵巣がんなどの固形がんで、体内にがんが発生した場合に血液中に微量に溶け出すがん関連物質を、新型バイオチップ(過酸化銀メソ結晶)であるプロテオ®を用いて吸着・測定・数値化し、がんのリスクをC(リスク高)・B(要観察)・A(リスク低)の三段階に分類・判定します。
がんの有無、がん種の識別、進行度を判定する事が可能です。
 

マイクロアレイ検査

「胃がん」「大腸がん」「胆道がん」「膵臓(すいぞう)がん」の4種の消化器がんの発症リスクを判定できます。
がん細胞を攻撃する際に生じる特定の『m-RNA(メッセンジャーRNA)』という遺伝物質の増減を測定し、つまり、遺伝子レベルでの判定ですから、画像診断など視覚的に確認できない微小ながん細胞も検知できる可能性が高いと言えます。
ちなみに、「(DNA)マイクロアレイ」とは「DNAチップ」とも呼ばれ、DNAやRNAの遺伝子発現量の測定に使う分析器具のことで、一度に数万から数十万の遺伝子発現が調べられます。

▲PAGE TOP