光免疫療法・ハイブリットリポソーム | 光免疫療法 医療法人 聖療会 青木優美クリニック公式サイト

光免疫療法・ハイブリットリポソーム
/ hybrid liposome
HYBRID LIPOSOME
HOME >  がん治療・予防 >  光免疫療法・ハイブリットリポソーム

光免疫療法・ハイブリットリポソーム

光免疫療法・ハイブリットリポソーム とは



光免疫療法・ハイブリットリポソーム-青木優美クリニック
ハイブリットリポソーム製剤は、腫瘍組織にナノ粒子が集積する特性(EPR効果)により正常細胞には影響を与えず、がん細胞にのみ融合・蓄積し、アポトーシスを誘導する。また、低反応レベルレーザー光線(LLLT)を静脈内レーザー照射することによりミトコンドリアのATP産生を活性化し、がん細胞のアポトーシスを加速させます。
ハイブリットリポソームは、細胞膜や生体膜の成分であるリン脂質で構成されているため非常に安全性が高く、正常細胞には影響を与えず、がん細胞にのみ作用するため、進行ガンや体力に自信のない高齢者の方でも治療によるストレスや副作用も少ない治療法です。
また、他の治療とも幅広く併用もできる特徴を持っています。

EPR効果

腫瘍(がん)周囲の新生血管は急激な増殖により不完全であり、血管内皮細胞の間に隙間(200nm程度)が存在する。
正常な細胞周囲ではその隙間は6~7nm程度であるため100~200nmの粒子は正常細胞には入ることができないが、腫瘍の血管壁は透過し組織内へと侵入し蓄積される。
また、腫瘍ではリンパ組織も成熟しておらず、組織内に入った異物を排除することが困難でハイブリットリポソームは腫瘍組織内に貯留します。

光免疫療法・ハイブリットリポソーム

制がん作用のあるリポソームを特殊ナノ技術により、腫瘍に融合・蓄積させる。
低反応レベルレーザー光線によりミトコンドリアのATP産生を活性化し、がん細胞のアポトーシスを加速させます。

▲PAGE TOP